人類学の書籍紹介

人類学の文献を(読んだものは)コメント付きで紹介します

書籍形式-入門書

鈴木裕之 2015 『恋する文化人類学者』

鈴木裕之 2015 『恋する文化人類学者』 世界思想社 恋する文化人類学者 作者: 鈴木裕之 出版社/メーカー: 世界思想社 発売日: 2015/01/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 目次 第1章 私と彼女と文化人類学 第2章 私は誰?――個人と民…

鈴木裕之 2015 『恋する文化人類学者』

鈴木裕之 2015 『恋する文化人類学者』 世界思想社 恋する文化人類学者 作者: 鈴木裕之 出版社/メーカー: 世界思想社 発売日: 2015/01/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 目次 第1章 私と彼女と文化人類学 第2章 私は誰?――個人と民…

山口昌男 1982『文化人類学への招待』

山口昌男 1982『文化人類学への招待』 岩波書店(岩波新書204) 文化人類学への招待 (岩波新書) 作者: 山口昌男 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1982/09/20 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (23件) を見る 目次 はじめに …

片倉もとこ 1991 『イスラームの日常世界』

片倉もとこ 1991 『イスラームの日常世界』 岩波書店 イスラームの日常世界 (岩波新書) 作者: 片倉もとこ 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1991/01/21 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (16件) を見る 目次 はじめに Ⅰ 人間…

米山俊直 1968 『文化人類学の考え方』

米山俊直 1968 『文化人類学の考え方』 講談社(現代新書) 目次 第一話 文化人類学とは 第二話 フィールドワークの話 第三話 人間関係の幾何学 ――親族名称と親族組織 第四話 文化のしくみ 第五話 文化の進化 第六話 現代の研究 附録 読書ガイド 内容(表紙より)…

太田好信・浜本満(編) 2005 『メイキング文化人類学』

太田好信・浜本満(編) 2005 『メイキング文化人類学』 世界思想社 メイキング文化人類学 作者: 太田好信,浜本満 出版社/メーカー: 世界思想社 発売日: 2005/03 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 118回 この商品を含むブログ (21件) を見る 目次 序 章 …

クラックホーン 1949 『文化人類学の世界 ――人間の鏡』

クラックホーン、クライド 1971(1949) 『文化人類学の世界 ――人間の鏡』 外山滋比古・金丸由雄(訳)、講談社(講談社現代新書) 目次 まえがき 1 人類学とは何か ――奇習と土器と頭骨と 2 奇妙な習慣 ――文化とは何か 3 人類 ――現代の神話 4 言語と人間 ――言葉は…

綾部恒雄(編) 『文化人類学の名著50』

綾部恒雄(編) 1994 『文化人類学の名著50』 平凡社 目次 1 草創期文化人類学の古典 タイラー 『原始文化』 モーガン 『古代社会』 フレーザー 『金枝篇』 ウェブスター 『未開の秘密結社』 ファン・ヘネップ 『通過儀礼』 エルツ 『右手の優越』 レヴィ=ブ…

蒲生正男ほか(編) 『文化人類学を学ぶ』

蒲生正男・山田隆治・村武精一(編) 1979 『文化人類学を学ぶ』有斐閣選書 目次1 現代の文化人類学 文化人類学の歩み(蒲生正男) 現代と文化人類学(蒲生正男)2 人間と自然の連帯 採集狩猟民の過去と現在(蒲生正男) 苦悩する牧畜民?(福井勝義) 農耕民…

祖父江孝男 『文化人類学入門』中央公論新社(中公新書)

祖父江孝男 1979(増補改訂版1990) 『文化人類学入門』中央公論新社(中公新書) 目次第一章 文化人類学の世界第二章 人間は文化をもつ第三章 文化の進化・文化の伝播第四章 経済の技術・生活の技術第五章 言語――その構造分析第六章 婚姻・家族・親族第七章 超…

前川啓治ほか 『21世紀の文化人類学』

前川啓治・箭内匡・深川宏樹・浜田明範・里見龍樹・木村周平・根本達・三浦敦 2018 『21世紀の文化人類学』 新曜社(ワードマップ・シリーズ) 目次はじめに序章 「人類学的」とはどういうことか(前川啓治) Ⅰ部 自然・存在・イメージの生成1章 人格と社会性…

綾部恒雄(編) 『文化人類学15の理論』

綾部恒雄(編) 1984 『文化人類学15の理論』中公新書目次はじめに 綾部恒雄1. 文化進化論 黒田信一郎2. 文化伝播主義 クネヒト・ペトロ3. 機能主義人類学 田中真砂子4. 文化様式論 綾部恒雄5. オランダ構造主義 宮崎恒二6. 文化とパーソナリティ論(心理人類学…

岸上伸啓(編) 『はじめて学ぶ文化人類学――人物・古典・名著からの誘い』

岸上伸啓(編) 2018『はじめて学ぶ文化人類学――人物・古典・名著からの誘い』ミネルヴァ書房 目次はじめにI 文化人類学の形成【社会・文化進化論と文化概念】エドワード・バーネット・タイラー(Edward Burnett Tylor)【文化伝播論】ヴィルヘルム・シュミット(…

桑山敬己・綾部真雄(編) 『詳論 文化人類学』

桑山敬己・綾部真雄(編) 2018 『詳論 文化人類学:基本と最新のトピックを深く学ぶ』ミネルヴァ書房目次まえがき第Ⅰ部 基本領域 第1章 文化相対主義の源流と現代(桑山敬己) 第2章 言語人類学(名和克郎) 第3章 狩猟採集社会──その歴史,多様性,現状(…

松村圭一郎・中川理・石井美保(編) 『文化人類学の思考法』

松村圭一郎・中川理・石井美保(編) 2019 『文化人類学の思考法』世界思想社 目次はじめに すべての考える人のために序論 世界を考える道具をつくろう(松村圭一郎・中川理・石井美保)第I部 世界のとらえ方 1 自然と知識――環境をどうとらえるか?(中空萌) …