人類学の書籍紹介

人類学の文献を(読んだものは)コメント付きで紹介します

松園万亀雄(編) 1982 『社会人類学リーディングス』

松園万亀雄(編)

 1982 『社会人類学リーディングス』 アカデミア出版会

社会人類学リーディングス〈1〉 (1982年) (アカデミア・リーディングス文化人類学〈2〉)

社会人類学リーディングス〈1〉 (1982年) (アカデミア・リーディングス文化人類学〈2〉)

 

 

目次

解説 松園万亀雄

Ⅰ 社会人類学の視野

1 イギリス社会人類学 G・P・マードック

2 今日のイギリス社会人類学 R・ファース

 

Ⅱ 親族と部族

3 マリノフスキーと親族研究 M・フォーテス

4 部族および部族社会の概念 M・H・フリード

 

Ⅲ 全体環境と社会組織

5 二つの狩猟社会におけるフラックスの重要性 C・M・ターンブル

6 分節リネージ――侵略的領域拡張の組織 M・D・サーリンズ

7 平行イトコ婚の構造 R・F・マーフィ/L・カスダン

8 ポリネシア諸社会における適応分化 M・D・サーリンズ

 

Ⅳ 農民社会の構造

9 メソアメリカと中部ジャワの閉鎖的農民共同体 E・R・ウルフ

10 中国人の同居集団の発展過程 M・L・コーエン

11 日本の農村社会 ――規範・制裁・追放 R・J・スミス

 

内容(巻頭言「今なぜリーディングスか」より)

 一つの学問のおもしろさを知り、深く理解し、さらに自分の研究する力を育てていくのには、すぐれた専門の論文を読むのがよい。共通の知識として知っていなければならない古典的論文、特定の問題についての基本的な寄与、最先端をいく論考、展望を与えてくれる論文、これから発展する萌芽を秘めた研究などを読むのがよい。文化人類学(民族学)でもこれは同じことである。このリーディングスは、厖大な文献のなかから分野別に厳選された論文を集め、文化人類学を学ぶ者、研究する人たちに提供する。教材として、また研究上の参考として活用され、わが国におけるこの学問の発達に資するのが目的である。

 

一言コメント

 『文化人類学入門リーディングス』の兄弟編。個人的な印象としてはこちらのほうがちょっと古びている感じ。それにしても続刊が出なかったのは惜しまれます。なお2010年代の人類学論文についてのリーディングスに類するものとして、現代思想の特集『人類学の時代』をおすすめしておきます。 

現代思想 2017年3月臨時増刊号 総特集◎人類学の時代

現代思想 2017年3月臨時増刊号 総特集◎人類学の時代